株式投資で大事なのは損切りと利益確定です

株式投資はより安全な投資分野

最近投資を始める人が増えていますが、新しく出て来たFX投資ではなく、歴史のある株式投資に未だに根強い人気が集まっています。
この株式投資で上手くやって儲けている人も居れば、その一方で損を出してしまっている人も結構多いと言えます。
その損を出す大きな理由の一つに、損切りと利益確定が上手く行ってないと言う事があるのです。

損失と利益の確定が大事

株価と言うのは取引時間中は時々刻々と動き続ける物であり、その変動によって利益に成ったり損になったりします。
株価が上手い具合に値上がりすればいいのですが、時には値下がりをしてしまう事もあります。
その時に巧く行動をとらないと、損失を拡大させてしまって、上手い取引にならない事が多いのです。
では上手い取引と言うのはどのようなものを指すのかと言えば、それは損切りが上手く出来るかという事です。

損切りとは損失分の確定のこと

損切りと言うのは、株価が値下がりして含み損が発生してしまった時に、その損失を確定してしまうことを言います。
この損切りを素早くする事で損失を最小限に抑える事ができ、大きな損失を防ぐことができるのです。
しかし投資の初心者ですと、どうしても損切りが遅れてしまう事が多く、大きな損失を作り出してしまう傾向があります。
株価と言うのは値下がりもしますが値上がりもするので、値下がりしても少し待てば反転して値上がりしてくれると期待をしてしまいます。
ですが現実にはそのように上手く行く事は少なく、含み損は拡大してしまうのです。
ですから含み損が発生したら素早く損切りをして、次の取引に掛けた方が賢明なのです。

利益確定で儲けた分をしっかり確保

逆に利益確定の方は早くし過ぎる傾向がありますから、少し待つくらいがちょうど良いかと思われます。
株式投資で成功するか否かは、一にも二にも損切りと利益確定に掛かっていると言えますから、成功したい方は損切りと利益確定を徹底的に練習すべきです。